児童手当の金額 総額でいくら?教育費の何割になるのか!?

この記事は4分で読めます


子どもが生まれてから、中学を卒業するまで受給できる児童手当

 

子どもの年齢やきょうだいの人数によって、受給できる金額が変わってきます。

 

それでは、

総額では、一体いくらになるのでしょうか!?

教育費全体の、何割になるの!?

 

 

よくあるきょうだい構成のパターンを使って、試算してみます!

 

 

 


スポンサーリンク




 

児童手当でもらえる金額を確認しよう!

 

まずは、児童手当を所得制限にひっかからずに受給できた場合、子ども1人あたりいくらもらえるのか、確認しましょう!

 

お金

 

所得制限については、こちらの記事で詳しく書いています。
→モヤモヤをスッキリ!児童手当の所得制限 扶養親族の範囲と数え方

→なぬっ!児童手当の所得制限は医療費控除がある!他の控除も総チェック!

 

支給対象年齢支給額(ひと月あたり)
0歳~3歳未満15000円
3歳~小学校修了前10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)
中学生10,000円

※15歳になって最初の年度末(3月31日)まで支給対象の期間となります。

 

 

上の金額は、ひと月あたりの金額です。

実際に支給されるのは、1年間で3回。

 

2月、6月、10月に、それぞれ前の4か月分がもらえます。

例)6月支給分は、その前の2月から5月分

 

 

私も2人の子どもを育てているので、もらっています。

5歳と1歳なので、4か月分だと2人で10万円。

 

支給される月になると、意味もなく通帳記帳をして、ニンマリしていたりします。笑

 

 

お金大好きなキャラが見え隠れしたところで、早速、児童手当の総額の試算をしてみましょう!

 

 

 

児童手当 中学生までもらったら、総額いくら?

 

ここからは子どもの人数別で、児童手当の総額を計算していきます。

 

所得制限にひっかからずに、児童手当を受給できるケースです。

 

 

・・・とその前に。

 

児童手当では、「子どもの人数」について独特の考え方があるので、まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

児童手当での「子どもの人数」とは?

 

きょうだい

 

児童手当は、お金がもらえる対象は15歳(中学卒業)までですが、「子どもの人数」としてカウントされるのは18歳までです。

 

 

ややこしいので、例を挙げますね。

 

例えば、3歳、8歳、16歳、19歳の、歳の離れたきょうだいがいたとします。

 

この場合、19歳は「子どもの人数」としてカウントされず、16歳が1人目、8歳が2人目、3歳が3人目、とカウントされます。

 

きょうだいが多い場合は、ここは注意するポイントですね!

 

 

それでは、よくあるきょうだい構成の例で、児童手当の総額を試算していきましょう!

 

 

 

一人っ子の場合

 

子供

 

0歳から3歳まで
15000円×36か月=54万円

 

3歳から小学校修了前まで
10000円×108か月=108万円

 

中学卒業(15歳になり、最初の年度末)まで
10000円×36か月=36万円

 

一人っ子の児童手当の総額
198万円

 

 

 

子どもが2人の場合

 

2人きょうだい

 

一人っ子のケースが2人分と考えればいいので

 

子ども2人の児童手当の総額
396万円

 

 

 

子どもが3人の場合

 

3人きょうだい

 

3人目は児童手当の額が、上の2人より多くなります!

 

表でもう一度おさらいしましょう。

 

支給対象年齢支給額(ひと月あたり)
0歳~3歳未満15000円
3歳~小学校修了前10,000円(第1子・第2子)
15,000円(第3子以降)
中学生10,000円

※15歳になって最初の年度末(3月31日)まで支給対象の期間となります。

 

 

3人目は、3歳から小学校修了前までの期間も児童手当が減額されないので、

 

 

0歳から小学校修了前まで
15000円×144か月=216万円

 

中学卒業(15歳になり、最初の年度末)まで
10000円×36か月=36万円

 

3人目の総額
252万円

 

子ども3人の児童手当の総額

396万円+252万円
648万円

 

となります!

 

 

 

チリも積もれば山となる!

 

15000円や10000円をチリとは言いませんが 笑

例えると、こういうことですね!

 

 

 


スポンサーリンク




 

子どもの教育費はぶっちゃけどれだけかかるのか!?

 

児童手当って、使わずに貯めておいたら結構な金額になる~!!と、なんだか気持ちが明るくなりますよね。

 

貯金

 

しかし、油断するなかれ!!

 

子ども一人にかかる教育費は全体でいくらになるか、確認しましょう!

 

 

幼稚園

小学校

中学校

高校

大学

 

と、オール公立で進学した場合、約1000万円かかるというデータが発表されています!(文部科学省「子どもの学習費調査」より)

 

 

さらに、高校と大学が私立だと、約1400万円

オール私立だと、約2000万円

 

大学生ともなると、一人暮らしをして、親が仕送りをしたりしますよね。こんな場合は、さらにプラス400万円です。

 

金欠

 

児童手当は、固く見積もって、教育費の1~2割ぐらいを担ってくれるのかな?というイメージをしておいたほうがいいかもしれませんね!

 

 

そして、国の制度自体がいつ変わるかも分かりませんから、今回試算をした金額が、絶対にもらえるという保証もありません。

 

ご利用は計画的に!ならぬ、積み立ては計画的に!!

 

 

人の親になると、これまでになかった長期的な目線が必要になりますね~!!

 

 

 

まとめ

 

リアルなお金の話を展開してきました。笑

 

児童手当の総額についておさらいです!

 

お金

一人っ子の児童手当の総額
198万円

 

子ども2人の児童手当の総額
396万円

 

子ども3人の児童手当の総額
648万円

 

児童手当の金額は、子どもの教育費全体の1~2割程度を占める

 

子どもの教育費のイメージが固まってきたところで、私たち親がやるべきこと!

 

それは、しっかり稼いで子どもに質のいい教育を!!これに尽きます。

 

頑張る大人

 

これは持論ですが、何も教育とは、学校の勉強だけにあらず。

世の中にかかわること全てが勉強です!!

 

世の中の接点を増やしてあげる、つまり、いろんな経験をさせてあげるためには親の(資金)力が必要ですね。

 

 

政治が悪い、不況のせいだとか言ってる場合ではなく、子どもの為に親ができること。今一度考えていきたいですね。

 

 

 

児童手当については、こちらの記事もあわせて読むとより詳しく知ることができます!

→モヤモヤをスッキリ!児童手当の所得制限 扶養親族の範囲と数え方

 

→なぬっ!児童手当の所得制限は医療費控除がある!他の控除も総チェック!

 

 

 

子育てに関するまとめページでも、いろんな情報を仕入れてみて下さいね~。

→子育てって疑問がいっぱい!こんなことが気になりませんか?記事まとめ

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連記事

  1. お風呂
  2. 園庭
  3. 辞書
  4. グーサイン
  5. わからない
  6. 小学校入学

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

このサイトについて

、、、

学校でも、社会でも教えてくれない世の中の疑問を

ポジティブバツイチささえみが

独特の視点で説いていきます!!

ささえみのアクの強いプロフィールはこちら

当サイト人気のカテゴリーはこの4つ!

社会人なら知っておきたいマネーとマナーの知識まとめ

 

えっ!そうだったのか!?日本の習慣の由来ウソ、ホントまとめ

 

子育てって疑問がいっぱい!こんなことが気になりませんか?記事まとめ

 

しんどい思いはもうこりごり!病気になりにくい身体をつくる!今すぐできる習慣まとめ

 

記事一覧はこちら↓

もくじ