2日で正月太りを解消するためのダイエットの秘訣!

この記事は4分で読めます

体重計

お正月明け。

体重計に恐る恐る乗り、

あぁ今年もやってしまった・・・という方、手を挙げて。

あなたもですか?はい、私もです。

 

年越しそばから始まり、

おせちにお雑煮、焼肉、お酒、スイーツ、その他諸々・・・!

 

食べ過ぎてるな~と感じながらも、

「1年の始まりだから!」と自分に甘くなってしまう、

あのお正月マジックはなんなのでしょうね?

(ちなみに私は大晦日から1月3日までで2キロ太りました 笑)

 

 

そんなお正月太りを手っ取り早く解消する「リセット法」を知っていますか?

あるポイントに注意して2〜3日過ごすだけで、

体重を元に戻せます!(※個人差はあります)

 

やってしまった・・・という方、

スピードが勝負なので今からでもレッツトライ!!

 

 

 

食べたものが脂肪に変わるまでが勝負!

 

時間

 

冒頭に正月太りの解消はスピードが勝負!と書きました。

これにはちゃんと理由があるんです。

 

食べたものが身体の中で消化されて脂肪に変わるまでには、

最大で2日ほどかかります。

 

 

もうちょっと詳しく説明すると

 

  • 脂質(脂っこいもの)→食べてから12時間くらいで脂肪に変わる
  • 糖質(甘いもの・炭水化物)→食べてから1日~2日くらいで脂肪に変わる

 

 

というようなタイムスケジュールで、

吸収した栄養素は着々と脂肪になっていきます。

 

 

・・・ということは裏を返せば、

食べ過ぎた日から数えて3日くらいは、

まだ脂肪として身体に定着していない!!

 

 

このタイミングで「リセット」をしてしまえば、

無駄に太ってしまうことはないのです。

 

(脂っこいものをたくさん食べた方は、

3日以内と言わずもう少し早めに手を打っておきたいところですね。)

 

 

ではその「リセット」とはいかなるものか!?

正月太りの解消に欠かせないポイントを次の章からご説明します。

 

 

 


スポンサーリンク




 

ポイントその1 ディナーは控えめに・・・

 

食事

 

やっぱりか!と思われた方も多いと思います。笑

何がともあれ、まずは食べ過ぎた分をマイナスして帳尻を合わせましょう。

大丈夫。2〜3日ですから頑張って!

 

 

3食のうち夕食を減らすのがポイントです。

だってあとは寝るだけですからね。

 

後の章で詳しくお話しますが、

「寝る」というのもダイエットには重要なことです。

 

そんでもって、

質のいい睡眠をとるには適度にお腹が空いていることが条件!

 

だから夕食を減らします。

(寝ちゃえば空腹感も忘れられます!←力説)

 

 

具体的には、

  • 量とカロリーはいつもの半分くらい
  • 炭水化物と脂っこいものは食べない

 

の2つに注意して粗食

いえ、”シンプルディナー”をとるだけ。

 

 

お正月にたっぷり食べて大きくなった胃には、

ちょっと寂しい思いをさせるかもしれませんが、

 

ライ〇ップのCMのアフターになっている自分を想像して乗り切りましょう。

 

 

 


スポンサーリンク




 

ポイントその2 痩せる栄養素をとるべし!

 

野菜

 

糖質と脂質が「太る栄養素」ならば、

反対の「痩せる栄養素」もあります!

 

お正月太りを解消するリセット期間には、

この痩せる栄養素を意識して食べるのがおすすめです。

 

 

それはどんな栄養素かというと・・・

  • 食物繊維
  • たんぱく質

です。

 

 

食物繊維は、

太る栄養素である糖質と脂質の吸収を穏やかにしてくれます。

しかも低カロリー。

 

さらに噛みごたえのある食材が多いので、

満腹感も得られるという、優れモノ!!

 

具体的には野菜やきのこ、海藻、こんにゃくなどです。

身体を温める根菜を食べると基礎代謝も上がってよりいいですね!

 

 

たんぱく質が豊富な食べ物と言えば、

肉や魚・豆類です。

 

肉、食べてOKですよ!

 

たんぱく質も身体の基礎代謝を上げるのに欠かせない栄養素です。

代謝が上がれば余分な脂肪は燃えやすくなります。

食物繊維とともに食べておきたいですね!

 

ただし、肉と魚に関しては淡白なものにしてくださいね。

カルビ・から揚げ・カツ・大トロなど、

脂っこいものは逆効果です。

 

 

 

さらにストイックに正月太りダイエットに取り組みたい方は、

基礎代謝についてや食品の「GI値」についても、

詳しく知っておくといいですよ~。

 

詳しくはこちらの記事をチェックしてみて下さいね。

 

基礎代謝とは?いまさら聞けないダイエットの常識!!

GI値を下げるには食品の組み合わせがカギ!食べ方ひとつで健康に!

 

 

 

ポイントその3 空腹で耐えきれなくなる前に寝てしまおう

 

スイッチ

 

ポイントその1の、

夕食を控えめにすることと関連するお話です。

 

 

正月太りを解消したいなら、

夜は早く寝る!!

 

夕食を減らしたことでお腹が減って、

遅い時間についつい食べ物に手が伸びることを防ぐ目的もありますが、

一番の目的は「身体を休めて基礎代謝を上げる」こと!

 

 

質のいい睡眠をとると、

これまた基礎代謝が上がって脂肪が燃えやすい身体になるのです!

 

そんな痩せ体質になるための「質のいい睡眠」をとるには、

適度にお腹が空いているときに寝るのがベスト!

 

かる~く夕食を済ませたら、

日付が変わる前には寝る!

 

 

これを数日続けることで、

お正月の不規則な生活の疲れもとれるし、

お正月太りの解消にもつながるので、

やらないわけにはいきませんね。

 

 

 

もう一度おさらい!

 

体重計

 

お正月太りを解消するリセット術、お分かりになりましたか??

 

流れをもう一度おさらいすると・・・

体重計に乗ってガクブルしたその日から

(遅くとも翌日から)

夕食はいつもの半分!

1日を通して

野菜・きのこ・海藻・肉や魚(脂っこくない部位)・豆類を

意識して食べる

深夜バラエティとか見てないで寝る!!

 

という生活を2〜3日続けてみて下さい。

 

あくまで個人差はありますが、

あなたは重力から少し解放されるでしょう!

 

 

 

毎年やってくるお正月。

食べて飲んでしている時は極楽。

後から自分の身体をチェックして脱力。

・・・私は今年も頑張って2キロ落としますよ!

この記事が、少しでも多くの人のお役に立ちますように!

 

 

こちらのカテゴリーもあわせて読むと役に立ちますよ。

 

→ダイエットについて色んな視点から検証しているカテゴリー

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連記事

  1. 危険
  2. ハッスル
  3. 口角が切れる
  4. ダイエット
  5. 食材
  6. 貝

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

このサイトについて

、、、

学校でも、社会でも教えてくれない世の中の疑問を

ポジティブバツイチささえみが

独特の視点で説いていきます!!

ささえみのアクの強いプロフィールはこちら

当サイト人気のカテゴリーはこの4つ!

社会人なら知っておきたいマネーとマナーの知識まとめ

 

えっ!そうだったのか!?日本の習慣の由来ウソ、ホントまとめ

 

子育てって疑問がいっぱい!こんなことが気になりませんか?記事まとめ

 

しんどい思いはもうこりごり!病気になりにくい身体をつくる!今すぐできる習慣まとめ

 

記事一覧はこちら↓

もくじ