越前松島水族館の良い口コミ・悪い口コミ・実際行ってみた感想!

この記事は7分で読めます

松島水族館 イルカショー

先日、福井県坂井市三国町にある「越前松島水族館」に遊びに行ってきました。

 

 

私は地元福井県の住民ですが、子供のころから、この水族館が好きなんです。

 

数年ごとに、ふとした時に行きたくなる・・・そんな感じの「良きふるさと的な雰囲気」のある水族館です。

 

 

さて、そんな越前松島水族館は、実は2013年のトリップアドバイザー調べのランキングで、全国のおすすめ水族館7位にランクインしたこともあるとのこと。

 

 

県外からも結構お客さんがやってきているようで、夏休みの時期にもなると混雑します。

 

 

初めていく方は、この水族館にはどんな印象を抱いたのだろうか?

 

気になる良い口コミ・悪い口コミを、私が実際に行ってみた感想と共にご紹介します!

 

 

 


スポンサーリンク




 

越前松島水族館の良い口コミと悪い口コミの割合は?

口コミ

 

人間おもしろいもので、良い口コミと悪い口コミがあったら、悪い口コミの方が頭に残りますよね。笑

 

で、口コミを投稿する方も、よっぽど良かったか、よっぽど悪かったかのどちらかでないと、わざわざ投稿ってしないと思うんですよ。

 

 

だから、なるべく客観性を保つために、まずは良い口コミと悪い口コミの割合から調べてみました。

 

 

トリップアドバイザーの口コミの割合

 

  • 良い(大満足・おおむね満足)→約70%
  • 普通→約25%
  • 悪い(やや不満・不満)→約5%

 

 

じゃらんの口コミの割合

 

  • 良い(大満足・おおむね満足)→約80%
  • 普通→約15%
  • 悪い(やや不満・不満)→約5%

 

 

フォートラベルの口コミの割合

 

  • 良い(大満足・おおむね満足)→約70%
  • 普通→約25%
  • 悪い(やや不満・不満)→約5%

 

 

こんな感じで、割と多くの方が良い口コミを投稿されています。

 

 

人それぞれ感覚や事前の期待値が違うので、ぶっちゃけ「行ってみたら分かる!」という話にはなるのですが、それでも良い口コミの割合が多いということは、越前松島水族館を気に入った人が多いという裏付けにはなるように感じます!

 

 

 


スポンサーリンク




 

越前松島水族館の良い口コミを具体的に紹介!

 

ではここからは、各トラベルサイトなどに寄せられている、越前松島水族館の具体的な口コミを紹介します。

 

まずは良い口コミから。

 

 

繁忙期に行きました。普通なら混雑していそうなのに意外とお客さんが少ないのでゆっくり見て回れます。

真夏でもエアコンの効いた室内の広間もあり、くつろげます。

子供たちにもウケる催しがあるし、規模が大きくないので歩き回っても疲れません。

海が綺麗で海水浴もできて、岩場まで散歩もできたりコストパフォーマンス大です。

※トリップアドバイザーより

 

 

水族館大好きで、色んな所のを行ってますが、かなりオススメです!

海の生き物が近いし、水族館の前にある海の観測ポイントも楽しめます♪ 可愛い海の生き物に癒されます♡

どちらかと言うと、ファミリーや小さいお子さん連れの方にオススメです。

※トリップアドバイザーより

 

 

福井へ家族と旅行へいきました。ペンギンのお散歩が超絶かわいかったです。

またぜひ訪れたいとおもいました。

※じゃらんより

 

 

正直そんなに大きくない水族館ですが、イルカが間近で見る事も出来るし、イルカショーも、距離が近いので、迫力があります。

私自身は年パス買って何回も行きたいぐらい、大好きな水族館です。

※じゃらんより

 

 

触れ合いが大好きな子供のために訪問
あまり期待していなかったのですが、かなり楽しかったです
綺麗な水槽展示というよりは、生き物に触れ合いたい方向けの水族館
磯遊びをする方は、バケツや着替え、長靴なんかがあるといいと思います
温水が出るかはわかりませんが、シャワールームもあるようでした
わざわざ行く価値がある水族館だと思います

※フォートラベルより

 

 

良い口コミに共通するのは、「子供ウケする水族館」ということです。ファミリー向けです。

 

後で私が子供2人を連れて実際行った感想も載せますが、子供たちはマジでウッキウキです。笑

 

 

 


スポンサーリンク




 

越前松島水族館の悪い口コミを具体的に紹介!

 

ではお次に、悪い口コミを紹介します。

 

世の中完璧なものは存在しないので、割合は少ないものの、悪い口コミも当然ながら出てきます。

 

 

夏休みすごい人、やや古い感じとあまり見るものはないかな。
体験するものが多くお子様には満足な水族館

※じゃらんより

 

 

今回初めて利用させて頂きましたが、施設が旧式の為か案内順路も無く、通路が狭く施設間に屋根が無い為、今回雨が降っていたので施設間の移動に傘が必要でイルカショーですが待ち時間の割りに短いようでした。
ただ、触れ合い施設が多く有ったのが良かったです。

※じゃらんより

 

 

家族旅行で訪問しました。
イルカやペンギンのショーなど、定番のイベントは一通りありましたが、この地域ならではの魚類や海獣の展示はあまりなく、とりあえず人気イベントを取り揃えているだけといった感じで、なんとも中途半端な水族館でした。

レストランのメニューも、カレーやラーメンといったありきたりのものばかりで、もっと福井の名産に特化したほうが良いと思います。

※フォートラベルより

 

 

そうなんです。

 

越前松島水族館のネックと言えば、施設がちょっとばかし古いことと、食事メニューがあまり充実していないところです。

 

 

おそらく、都会のこぎれいな水族館をイメージして来館した人は、そのギャップに驚かれることでしょう。

 

 

動物たちの展示は、ありのままです。

 

装飾やライティングなどは最小限ですので、生き生きとしたありのままの姿がイイ!と感じる人もいれば、もう少し展示に工夫が欲しい・・・と物足りなさを感じる人もいるでしょうね。

 

 

この水族館が好きな私も、食事に関してはもうちょっとクオリティを上げるか、独自のメニューが欲しいな・・・といった印象です。

 

口コミでも書いてあったとおり、カレーやそば・ラーメン・お子様ランチなど、いわゆる「普通のメニュー」で、小さめのサービスエリアの食堂で出てきそうな味です。

 

 

食事も思い出の一部ですので、「あのメニューがインパクトあったよね」とか、「予想以上に美味しかった」とか、後から思い出して言えるようなメニューが出てくることに今後期待です!

 

 

 

実際行ってみた感想を写真や動画付きで紹介します

 

ではここからは、越前松島水族館に行ってきた様子や感想を、その場で撮った写真付きで紹介していきます。

 

まずは、入館するともらえる施設案内図から。↓

※カバンの中に無造作に入れておいたらクシャッとなってしまいました。あしからず。

 

越前松島水族館1

 

越前松島水族館

 

 

口コミでも「施設間に屋根がない」と言われていましたが、その通り、松島水族館は全体がひとつの施設にはなっておらず、いくつかの施設が敷地内に点在しているというおもしろい構造をしています。

 

そしてその施設の中に、大小30の展示や体験コーナーがあります。

 

 

敷地全体はそれほど広くありません。端から端までノンストップで歩いたら10分かからないくらい。

 

 

コンパクトな水族館なので、天候がいい日の施設間の移動は気になりませんが、やはり雨風が吹いている日や、真夏に涼む目的で来館した場合は、「外歩かなあかんやん!!」という気持ちになります。

 

 

なので、越前松島水族館に初めてお出かけしようとしている方は、あらかじめこの施設の構造は知っておいた方がいいです!

 

 

 

お次に、人気のイルカショーの一部動画をどうぞ↓

 

 

 

15分ほどのショーです。

 

大人にとっては短いと感じるかもしれませんが、小さいお子さんにとっては丁度いい長さのショーです。実際に、途中で集中力が切れてソワソワし始めるちびっこさんがちらほらいました。

 

 

客席とイルカの距離が近く、前から1、2列目にいようもんならかなりの高確率で濡れます。笑

 

一番奥の座席でも十分ショーは楽しめますので、濡れるのがイヤな方は奥の座席の方がおすすめです。

 

 

 

次に、水槽展示の画像です。↓

 

越前松島水族館3

 

越前松島水族館4

 

 

こんな感じで、ちょっと薄暗めの照明の中、窓型の水槽がずらーっと並んでいます。

 

展示されている魚は、日本近海でよく見かける魚が中心です。普段食卓に上る魚や、ズワイガニなども展示されています。

 

 

「これはウマそう」
「これは鍋にしたい」

 

などといちいち思った私は、多分心が汚れているんだと思います。笑

 

 

この日は、春分の日付近の3連休の初日でしたが、午前中の混み具合はこれくらいで、ゆっくり見られました。

 

 

 

越前松島水族館が他の水族館と違うところは、とにかく「動物との距離が近く、触れ合える機会が多い」ということです。それが、小さいお子さん連れの家族に大ウケしている理由です。

 

 

例えば、1日に2~3回おこなわれる「ペンギンのお散歩」では、30センチの距離でペンギンを見ることができます。↓

※ただし、触れることはできません。

 

結構ガン見してきます 笑

 

 

アザラシにも一瞬ですが触れます。↓

※長時間触ると嫌がるんだそうです。そりゃそうだ。

 

松島水族館5

 

 

本格的に動物と触れ合いたかったら、「ふれあい館」がおすすめです。

 

でっかい水ダコや小型のサメ、エイ、磯のいきものに触れます。↓

 

越前松島水族館6

小型のサメに触っています

 

 

子供たちは喚起の声を挙げまくっていますし、親御さんはスマホで撮影の嵐です。笑

 

くれぐれも水槽の中にスマホを落とさないように気を付けてください。

 

 

 

他にも、写真はありませんが、「エサやりコーナー」が各所にあります。1回100円です。

 

  • 大水槽の上からイワシの群れにエサやり
  • 外に設置してある川のような水槽にいる魚にエサやり
  • リクガメにエサやり
  • ウミガメにエサやり(←個人的におすすめ!)

 

 

特にウミガメのエサやりは、子供大興奮です。

 

トングで小松菜を挟んで水槽のウミガメに差し出すと、結構な力で引っ張ってきます。そして、近い・・・!

 

その迫力とウミガメの可愛さに、エサやりの中でも断トツ人気のようです。

 

 

 

松島水族館の癒しスポットとして用意されているのが、ガラス張りの床です。(「海洋館」の中にあります)

 

6畳くらいのスペースですが、みんなほっこりした顔で座っているし、写真を撮っているし、そして寝転がっています。笑↓

 

松島水族館7

 

越前松島水族館8

継ぎ目のおかげで「床」を感じますが、足を踏み入れる時はちょっと怖い

 

真夏に訪れる人の「涼みスポット」ともなっています。

 

大水槽のイワシのエサやりは、この水槽内に泳いでいるイワシの群れに向かっておこないます。

 

 

 

写真や動画は以上になりますが、その他にも、海の側に立っている水族館ならではの景色を楽しめたり、橋を渡って岩島に上陸できたりします。(岩島に渡れるのは夏のみです)

 

夏休み期間中は専門家の立ち合いのもと、ライフジャケットを着て磯遊びもできます。

 

 

海との触れ合いをめいっぱい楽しむには、とてもいい水族館だと思います。

 

 

 

まとめ

 

越前松島水族館の口コミをまとめると・・・

 

  • 子供連れの家族(とくに小学生以下のお子さんを持つ家族)には大ウケ
  • 「魚をキレイに魅せる」というよりは、「触れ合い・体験型」重視の水族館
  • 地方ならではの素朴な雰囲気で、好きな人は好き。大規模なもの、洗練されたものを求める人は不向き
  • 食事はもうちょっと改善してほしい

 

 

こんな感じになります!

 

 

こちらの記事では、松島水族館の入館料を20%割り引く方法を紹介していますので、興味のある方はぜひ訪れてみてくださいね!

 

>>松島水族館(福井)の20%割引券をゲット!地元民おススメの方法

 

 

福井県の他のスポットについても、よかったら読んでみてください↓

 

>>こども家族館(福井県おおい町)のボールプールのハンパなさをお伝えします

 

>>小浜市加茂のひまわり畑が絶景!見ごろや場所、周辺情報などをまとめました

 

>>福井県の嶺南の観光地を超地元民目線で観察してみる

 

 

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

関連記事

  1. 恐竜
  2. 若狭湾
  3. 小浜市加茂 ひまわり畑
  4. 松島水族館 福井 割引券
  5. おおい町 こども家族館

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は読めませんのでブロック対象となります。ご注意ください。

このサイトについて

、、、

学校でも、社会でも教えてくれない世の中の疑問を

ポジティブバツイチささえみが

独特の視点で説いていきます!!

ささえみのアクの強いプロフィールはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

当サイト人気のカテゴリーはこの4つ!

社会人なら知っておきたいマネーとマナーの知識まとめ

 

えっ!そうだったのか!?日本の習慣の由来ウソ、ホントまとめ

 

子育てって疑問がいっぱい!こんなことが気になりませんか?記事まとめ

 

しんどい思いはもうこりごり!病気になりにくい身体をつくる!今すぐできる習慣まとめ

 

記事一覧はこちら↓

もくじ
人気ブログランキングへ